1. TOP
  2. 頭皮ケアってどうしてる??臭いの原因を取り除く方法

頭皮ケアってどうしてる??臭いの原因を取り除く方法

 2016/06/24 ヘアケア
この記事は約 8 分で読めます。
shutterstock_408148930

毎日シャンプーしてるのに何で頭が・・・クサイの?

季節が暖かくなると髪や頭皮のトラブルが増えてきます。汗や皮脂の量が多くなるので、その分髪や頭皮も汚れやすい時期と言えます。

頭皮は人間の中で1番皮脂が多い部分のため、その頭皮の皮脂が酸化すると”ニオイ”を発生させます。

最近では女性でも頭皮のニオイが気になっているという悩みをよくみかけ、
決して「女性だから大丈夫!」は通用しなくなっています。

頭皮の皮脂は雑菌や整髪料と結びつきやすく、毛穴を塞いでしまい、地肌トラブルを起こす原因にもなります。

なかなか、シャンプーのやり方やヘアケアのやり方について他の人のやり方を見る機会は少ないです。本当に、今のヘアケアのやり方で正しいのか一緒に振り返りをしてみましょう!

頭皮が喜ぶ!シャンプーの選び方

shutterstock_350281304

まず、頭皮を正常な状態に保つと聞いて1番に「シャンプー」を思いつく方が多いように思えます。シャンプーは、頭皮の皮脂を落とすためにやるものです。シャンプーは消耗品ですが1度買うと毎日利用することになるため、頭皮トラブルを起こしたり、髪を傷めている原因になっているかもしれません。

では、質問です。

Q:あなたは今どのようなシャンプーを利用されていますか?

夏なのでクール系?ほ~、今流行のノンシリコンシャンプーですか?香りが良いのを選ばれているのですね!

実は・・・正しいシャンプー選びはブランドやCMにまどわされてはNG!!

A:パッケージ裏の「洗浄成分」を見るべし!

洗浄成分には髪に良いもの、あまり良くないものがあります。皮脂がよく取れる=頭皮を正常に保てるわけではないのです。

皮脂を多く除去しすぎると頭皮は足りない皮脂を補うために、皮脂を多く分泌するようになります。そうすると、地肌のベタベタ感が増すので、あなたはさらに皮脂を落とそうとしますよね?気が付かずにこの悪循環に陥ってしまうと頭皮の清浄を保つには程遠くなりますし、薄毛の原因にもなるのです。

さて、下に2つの画像を用意させていただきました。
シャンプーの裏面の成分表示です。2つともCMも活発で、近所のドラッグストアで購入できます。

成分表示は、含まれている量が多い順に並んでいます。はっきりとした含有量は書かれていませんが、上位に良くない洗浄成分が入っていないものを選ぶのが良いでしょう。

基本的には1番目は「水」「精製水」となっています。洗浄成分の多くは、2番目に表示されています。
この、洗浄成分の「界面活性剤」の良し悪しがシャンプーの全体の良し悪しを決めると言っても過言ではありません。洗浄成分を見るときは(2番目~4番目くらいまでを見てください)

それでは、洗浄成分に注目して画像を見てみましょう・・・

【Luxのノンシリコンシャンプー】

S__14082136

↑ラウレス硫酸Na

 

【H&S シャンプー(ノンシリコンではない)】

S__14082134

↑ジンクビリチオン液(こちらは有効成分とあるため)

ラウレス硫酸Naとジンクビリチオン液・・・。さっそくこれが何なのか調べてみました!

ラウレス硫酸Na・・・非常に強い洗浄力を持つ陰イオン界面活性剤(ラウリル硫酸よりは弱い)
ジンクビリチオン液・・・少しの濃度で強力な殺菌作用を示す成分。雑菌・フケも繁殖を抑えるが、環境ホルモンに影響を与える疑いがある。

なるほど・・・・。

2つとも殺菌や洗浄力が強いようですね。

そのシャンプーを使っているときは皮脂がごっそりとれるので皮脂が増えてもなんとかなります。ただ、シャンプーを変えた途端に傷ついてきた肌が荒れだします。それなら元のシャンプーが良いのか・・・とそのシャンプーしか使えなくなる。ループから抜け出せなくなるんですね・・・。

健康な方には問題無いですが、敏感肌の方は特に注意してほしい事実です。

市販のシャンプーの種類は3つ

シャンプーは大きく分けて

  • 高級アルコール系シャンプー(多くの市販されているもの)
  • 石鹸系シャンプー(自然志向の方に人気)
  • アミノ酸系シャンプー(美容室やサロンなど)

の3つです。

高級アルコール系シャンプーは、洗浄力が高く、泡立ちも良いです。その分、地肌や髪に対する刺激が強いので肌が強い方におすすめ。高級というのは値段という意味ではなく、高級アルコールには分子構造に炭素数が多いためそう呼ばれています。値段も安く、知名度もあるため人気です。先ほど紹介した画像2つはコレにあたります。

石鹸系シャンプーは、洗浄力は高めなので皮脂を取り過ぎる傾向があります。自然志向で地肌が強い方向け。髪が傷みやすい方にはオススメできません。環境には非常に優しいです。

アミノ酸系シャンプーは、洗浄力がやや弱めで低刺激なため、肌が弱い方にオススメ。ただ、逆に頭皮の汚れをしっかりとりたい方には向いていません。値段が高価です。

◎な成分 ☓な成分
 ココイル~
ラウロイル~
ラウリル硫酸ナトリウム
ラウレス硫酸ナトリウム

ノンシリコンシャンプーでも「ハーバルエッセンス」のようにラウリル硫酸ナトリウムとラウレス硫酸ナトリウムがともに使われているものもあります。

ノンシリコンシャンプー=肌に優しいではありません!

いかがでしたか?これで、次回シャンプーを選ぶときは違う目線で選んでいるはずです。

正しい髪の洗い方(簡単5ステップ)シャンプー編

より良いシャンプー選びができるようになったところで、髪の洗い方について紹介していきます。
ステップはたった5つです。もし、やっていないことがあれば1度お試しください!洗い上がりがけっこう変わります。

shutterstock_245687524

①髪を洗う前にブラッシング

髪が絡まないようにするためと、頭皮や皮脂の汚れを浮き上がらせる
頭皮を傷めないように毛先が尖っていない木製やナイロン製のものがオススメ

②お湯のみで十分によごれを洗い落す

髪の毛に付着した汚れの8割はお湯のみでとれると言われています
水では油は落とせません。適温のお湯を使ってください

③シャンプーを泡立ててつける

この時の量は500円玉の大きさが適量。多すぎると皮脂を取り過ぎるかも!
頭皮に直接つけてゴシゴシとこするのは髪が傷む原因になります

④頭皮をもみ洗いして、毛先はこすり合わせないように洗う

髪の毛よりも頭皮中心で洗うイメージ!爪をたてるのは厳禁

⑤念入りにすすぐ

髪より頭皮をすすぐイメージで、完了したと思ってから2分程度追加するとよいです
うまくすすげていないと、かゆみやフケが出てくることに・・・
すすぎ残しの多い耳の後ろも特に注意です!

正しい髪の洗い方(簡単5ステップ)リンス・コンディショナー編

これで、きちんと頭皮まで洗うことができました。次はリンスのやり方です。シャンプーは地肌を正常に保つためのもですたが、リンスは髪のダメージのためのものです。

①軽くタオルドライする

一手間ですが、これで髪をさらに綺麗にリンスで包み込むことができます

②髪の毛につける

こちらも500円玉の大きさ。ここで注意して欲しいのが「頭皮にはつけない」
せっかく洗った頭皮の毛穴がふさがります

③外側だけでなく内側にも

外側のみにつけがちになりますが、しっかりとつけます

④少し時間を置く

だいたい3分程度。量を増やすより、時間を増やすのが重要

⑤念入りにすすぐ

背中や顔にもリンスがついているばあいがあるので、必ず全身を洗い流しましょう

頭皮がにおわない【ドライヤーのかけ方】

shutterstock_137108912

①濡れたままにしない・自然乾燥させない

頭皮の湿度が高いと雑菌が繁殖しやすくなり、ニオイの原因になります

②正しいタオルドライを行う

髪をすり合わせてゴシゴシしない。吸水性のよいタオルで、髪をはさむようにして水気をとりましょう

③髪の毛を根元から乾かす

根元が乾いたら、後は毛先に軽くドライヤーを当てるイメージです

ケアしても改善がない場合は「食生活」の見直しを!

shutterstock_97506725

食生活が影響して頭皮が油っこくなる場合もあります。油の量や、野菜や果物をちょっぴり意識してみるのも良いかも!野菜や果物を取るのが苦手な方はスムージーを試すのもGOOD★あとは・・・積極的に「水」の量を増やすというのも効果がありそうですね。その際は甘いジュースやお茶ではなく水を飲んでみてください。

おまけ:すぐに試せる!頭皮クレンジングのやり方(週1)

shutterstock_130366352

この記事を最後まで読んでいただいたアナタに「頭皮クレンジング」のやり方をお教えします!頭皮は顔の皮膚と同じ組織で形成されています。ですので、利用するクレンジングオイルは顔用でOK!

①クレンジングオイルを500円玉程度に手にとる

②髪ではなく頭皮につけるように1分程度なじませる

③お湯でよく流す

④泡だててシャンプーなど、いつものケアを!

最近、お風呂の汚れは皮脂が原因なのでボディソープを使って掃除するとキレイになりやすいとか、男性もののYシャツの襟や袖は男性専用のスクラブの入った洗顔料で洗うと落ちやすいと聞きました。

同じ原理で、頭皮をクレンジングでケアするのも効果的なのもうなずけます。

今回、筆者もはじめてこの頭皮クレンジングを試してみたところとてもスッキリとして頭皮が生き返ったようです。

ドライヤーをしたときに乾きやすかったので、皮脂がしっかりとれたんだな~と実感しました。やり過ぎはよくないようなので週1回が目安の回数です。

【まとめ】

頭皮のケアいかがでしたか?さっそくお風呂場のシャンプーを見てみてください。

ちなみに我が家のシャンプーはどこにでも売っている市販のものだったので、ラウレス硫酸ナトリウムが入っていました。夏場は汗をかくことが非常に多く、日焼け対策の帽子で頭のなかが蒸れまくってしまい、1日に数回髪を洗うことがあります。むむ・・・。だから最近抜け毛が多いのかな・・・頭皮にはあまり優しくないな・・・・。ちょっと、アミノ酸系シャンプーをさがしてみようかな・・・・なんて思っています。

\ SNSでシェアしよう! /

laseeqの注目記事を受け取ろう

shutterstock_408148930

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

laseeqの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • shutterstock_103763447

    湯シャンのやり方。~効果がない人の間違えやすいポイントは?~

  • shutterstock_305191832

    女性の抜け毛・薄毛に効く秘策を美容師さんに教えてもらった結果・・・。

  • hair4

    次はコレ!!3大トレンド入り【ヘアアイテム】を一挙公開!海外発!