1. TOP
  2. 大丈夫!そこそこメイクであなたは十分ステキになれる!引き算メイク

大丈夫!そこそこメイクであなたは十分ステキになれる!引き算メイク

 2016/10/06 美容法
この記事は約 8 分で読めます。
shutterstock_360014828

自然なオトナ女子、流行しています。

「経験を重ねたオトナになって、肩の力を抜けるようになってきた」
「人にどう見られるかとか、必要以上に頑張らなくちゃというこだわりがなくなって、自分らしく自由になってきた」

ファッションもメイクも完璧に!という武装を解いて、軽やかに生きたい。そんな、こなれたオトナ女子になりたいと思う人は多いのではないでしょうか。

だって実際問題、仕事は責任が増し家庭も大忙し、朝から鏡の前でファッションショーをしたり、どっしり座ってフルメイクをするような時間の余裕も心の余裕も、ないんですもの!

100%の美人にならなくてもいい。そこそこの手間とコストで、80%くらいのそこそこ美人になりたい?ポイントさえしっかりつかめば、十分可能です\(^o^)/
そんなオトナ女子のための、自然な「そこそこメイク」を今回の「LASEEQ」では提案してみたいと思います。

どんなメイクを目指せばいいの?

shutterstock_45360226

まず意識したいのは、世の中のトレンドはナチュラルメイクであるということ。これはそこそこメイクにとって追い風です。がっつりメイクよりナチュラルメイクの方が手軽に実践することができます!

そこで、基本的には・・・

shutterstock_220297549

①盛らない

②若作りしない

この2つが大きなポイントになります。

オトナ女子達がメイクを覚え、たっぷり研究する時間のあったころに流行っていたメイクは、どちらかといえば盛る傾向にあったのではないでしょうか.

目ヂカラを求めて太めのアイラインを入れ、丁寧にまつげをカールしマスカラを塗り、目を大きく印象的にしていましたね。まるで整形!などという文句に心躍らせた思い出も。でもいつまでもその感覚でいると、なんとなく古い顔になってしまいます。

ただ、すっぴんでは悩みも隠せず気になりますよね!
メイクをしていく方が、流行からも離れずにきちんと似合うメイクになるのです。

メイクをするのはほぼ、毎日のことです。
なるべく短時間を目指したい!そんな声もあがってきそうですので・・・

shutterstock_162030899

ここは強気に、目標設定を5分!としましょう。

5分で終わるメイクってずぼらなんじゃ・・・?

安心してください。ちゃんとしたものがあります(笑)プロのメイクアップアーティストが、「引き算メイク」「時短メイク」などのフレーズで提案しています。

今回は、それらのいいとこどりをしたメイク方法をまとめた上で、実際に挑戦してみたいと思います!

最重要は肌!気になる部分をカバーせよ

①保湿

shutterstock_411921325

まずは、肌に潤いを与えます。愛用の化粧水でもオールインワンの基礎化粧品でも自分のお気に入りで構いません。しっかりと水分を与えましょう。

②下地

shutterstock_367912988

保湿ができたら、次は下地です。化粧水で保湿をした場合は、乳液やクリームの代わりになるオールインワン下地を使うことで、手間を省けます。

ここで、しっかり気になる部分をカバーします。目の周りのシミ、くすみ、クマをしっかり消しておきましょう。慣れているならばコンシーラーを使うのも、手早くていいですね。

オトナの肌にこういったカバーしたい部分があるのは自然なことです。ですが、これさえあからさまに見えなければ、年齢を感じさせず、健康に見えます!

気合を入れてやるのはココまでです。あとは肩の力を抜いて楽に進みます♪

③ファンデーション

shutterstock_394521814

なんと!!顔全体に塗る必要はありません!

先ほど下地で整えた、カバーしたい部分だけしっかり塗ればOKです。目の周りと鼻、Tゾーンくらいではないでしょうか。他をしっかり塗らないことで、厚塗り感が出ないので、気になる部分は多少重ねて塗っても大丈夫なんです。

「塗らないの!?」と思いますよね。でも、よく見てください。顔の下の方は結構きれいな素肌をしていませんか。その部分はそのまま生かしたほうが、透明感が出るようです。

ファンデーションも、どのタイプがいいのかは諸説ありました。

リキッドファンデーションやBBクリームは、しっとり感が出てカバーに優れますが、丁寧に塗らないとムラになりやすい。パウダーファンデーションは塗りやすくさらさらしているけれど、カバー力は小さい。

よって、そこそこメイクでは好きなものを使えばいいのだと結論付けました。

④チーク

shutterstock_464300804

赤ちゃんのほっぺのようにふわっと色が着けばOK。以上です!
次はアイメイクに入ります。アイメイクはちょっとだけやるがポイントです。

⑤眉

shutterstock_274575824

足りない人は描きましょう。だいたいの形が自眉でできているならば、色を乗せればOKです。

⑥アイライン

shutterstock_293193209-1

なんと!!目じりだけ!目尻に、ぴっと外向きに少し跳ねさせるだけ。それだけで突然しっかりメイクしている印象になります。

⑦アイシャドウ

shutterstock_120600151

ラメの入った、深めのベージュなどくすみ系の色を、さっとまぶたに塗るだけで完了です。黒目の上にポンと乗せて伸ばすようにすると自然なグラデーションが生まれ、立体感が出ます。

早くて仕上がりもよくなる技として、指で塗るというテクニックが使えます!

⑧リップ

shutterstock_277426286

色が着けばいい、くらいの塗り方で。数秒でできますね。

完成です!
一応フルメイクをしていることがお分かりいただけたでしょうか。けれどもひとつひとつの手順は簡潔になっています。時間配分は、肌に3分、アイメイク1分、その他1分という感じですね。

余裕があるときは、フェイスパウダーも使えれば最高ですね。毛穴が消えますし、化粧のもちも良くなります。マスカラを黒目の上だけつけるだけでも効果的です。目尻に、ブルーやピンクなどもう少し色味のあるアイシャドウを足すのも気分が変わっていいですね。

そんなに「引き算」しちゃって大丈夫?

shutterstock_96966710

目頭のアイラインを引かない、とか、ファンデを塗っていない部分がある、というのは抵抗がありますか?しかし実はコレ、おしゃれなモデルや芸能人も取り入れている技のようです。

アイラインをやめたて、自然な印象を与える目元が印象的に。アイメイクを抑えめにすることで、冒険的な赤いリップを強調する。全体的にナチュラルに仕上げることで肌の透明感を際立たせる。といった効果があるんです。

コストもそこそこ

shutterstock_343269701

そこそこメイクで、力を入れるのは、肌でした。日ごろから肌の調子を整えるための基礎化粧品や、カバー力に優れた下地はぜひ、納得のいくものを使いたいところです。

他は、「色がついていればいい」くらいの気持ちで、プチプラコスメを使ってもいいかもしれません。

実際にやってみた

shutterstock_406483759

上記のことをさっそく実践してみます。心の声をそのままお送りしますので、臨場感をお楽しみください。

 

それでは、始めます。

まずは保湿。いつものオールインワンの基礎化粧品を肌になじませます。染み込め~染み込め~。いいでしょう。もちもちになりました。

次は下地。スポンジで塗るときれいに塗れるそうです。シミというべきかソバカスというべきか、この目の下の無数の点々をさっさと隠します。鼻にもいっぱいある。あと、目の横にでっかいシミもあるので、塗りぬり。最後に、クマ!ひどい。隠します。この時点で、元気さが30%はアップしました。よっしゃ!

そしてファンデーション。パウダー愛用者なので、すっすと塗ります。まだシミが見えているので、ここは何度かぽんぽんっと。口の横から耳にかけては省略しました。ファンデは地肌と近い色を使っているので、特にそこだけ塗っていないことが目立つようなことはありません。それどころか、顔の高い部分にファンでがあって、シャドウを入れるような部分は塗っていないので、かえって顔が立体的にはっきりしたような気がします。

チークを塗ります。ぽんぽんと色を置いただけで、血色がよくなりました。この時点で、随分「化粧をしている人」にはなりました。最近はオレンジのチークとピンクのチークを2色のせるのもトレンドです!

さて、続きましてアイライン。目尻に2ミリくらいでしょうか。

これは驚きます!!!目の印象が全く変わりました。大きく力強く見えるのに、優しい感じも残っています。鏡の中の驚いた自分の顔がとてもイキイキしています。ナチュラルな目元は、気持ちが表情に伝わりやすいのでしょうか。

もうアイメイクは満足と言いたいところですが、アイシャドウいってみましょう。指で塗るのをやってみます。黒目の上において、まぶたの形に伸ばします。

おおっ…。うまくできた。ますます目がはっきりしただけでなく、化粧をばっちりしています、という顔になりました。

おっと眉を忘れていました。このままではただの毛です。焦げ茶の色を軽く乗せます。イイ感じです。

 

そして、唇が荒れないようにリップを塗って口紅をスティックからそのままぐいぐいっと重ねて完成です。

どうでしょう。そこそこ?
いや、イイです。かなり好きです!

まず言いたいのは、手抜きには見えないということです。

私のような、普段メイクの時間が最終的に足りなくなって、リップを忘れたりアイラインがしっくりこなかったりする人の場合、いつもより時間がかかっていないのに完成度は高くなっています!

そして、下手に目元に好きな色を入れている時よりも、洗練されたオトナの雰囲気になっています。

何より、すごく自分の顔です。盛られていない、無理に何かを変えてもいない、本来の自分の姿が鏡の中にあります。
地に足のついた、これまでの人生にそれなりに自信を持った私がそこにいました。

ちなみに、5分かかっていません。4分弱くらいでしょうか。少し丁寧に保湿の工程やファンデの塗りをしてもよさそうでした。

shutterstock_247468048

【まとめ】

私にとってそこそこメイクは、作り込みをそこそこにすることで、自分らしさをより発揮できるメイクとなりました。やってみた感想は人によって違うでしょう。しかし、「キレイは5分でつくれる」「自分の顔のままでキレイになれる」というのは、新たな発見になるはずです。

そこそこメイクと通常メイク、使い分けて「ギャップ」をだしていけばワンランク上の大人女子になれそうです!また「カラコン」を使用し始めたのはいいけど、なかなか手放せないという方のために下記のような記事も用意しています♪ご一緒にどうぞ!

鏡の中のあなたが、素敵な笑顔で1日を過ごせますように!

カラコンはモテない?裸眼メイクでカラコンを卒業する究極の裏ワザ

 

\ SNSでシェアしよう! /

laseeqの注目記事を受け取ろう

shutterstock_360014828

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

laseeqの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • shutterstock_284144522

    マグネシウムオイルの効果と作り方。むくみ・不安感・便秘・肩こりまで!?

  • 34705684fba307cd253fd657ed8

    エマルジョンリムーバー使ってみた!口コミ・レビュー効果は?

  • 1

    吹きかけるだけで毛穴汚れと角栓を溶かして落とす●●が凄い…

  • shutterstock_369387296

    【警告】エマルジョンリムーバーの効果で毛穴・角栓は綺麗にならない!?

  • shutterstock_388715098

    ●●歳過ぎると歯が抜けていく!?必見!正しいハミガキのやり方。

  • shutterstock_246773941

    流行りのダイエットはあなたに本当に必要?アルカリ性ダイエットを辛口評価してみた!