1. TOP
  2. 女性の抜け毛・薄毛に効く秘策を美容師さんに教えてもらった結果・・・。

女性の抜け毛・薄毛に効く秘策を美容師さんに教えてもらった結果・・・。

 2016/10/23 ヘアケア 美容法
この記事は約 10 分で読めます。
shutterstock_305191832

認めません!私が薄毛なんて!!

シャンプーをすると抜け毛がひどい、髪にコシやボリュームがなくなってきた・・・。

ま・さ・か・・・自分が!?

shutterstock_214547449

鏡を見た時に分け目の幅が明らかに広くなっていることに残念ながら気づいてしまいました。
慌てて、ネットやヘアサロンで対策方法をかき集めました。

今回の「Laseeq」では独自でアンケート調査も行ったところ、抜け毛・薄毛に悩んでいる女性は20代から40代の方も非常に多いこともわかりました。
抜け毛がひどくなる原因や簡単にできる秘策もお伝えします!!

30代の筆者は、この秘策のおかげで今のところ、もとのふんわりヘアを持続しています。本当に役立つ情報をお伝えしていきますので最後までお付き合いください(^^)

抜け毛の原因が知りたい!

①ホルモンバランスの乱れ(産後・閉経なども含む)
②ストレス
③生活習慣や食生活
④無理なダイエット

ここからは美容師さんに直接相談したところ、よくある原因ということで教えていただきました。

⑤パーマやヘアカラー歴が長い
⑥季節的なもの
⑦シャンプー・コンディショナーの流し方
⑧間違えたヘアケア

shutterstock_106478345

どうしても、パーマやヘアカラーをすると髪が細くなり痛みます。どんどんキューティクルが剥がれていくのです。
その中でも自分で市販の液で髪を染める「ホームカラー」と髪の色を明るくする「ブリーチ」この2つはダメージが特に大きいです。

また、抜け毛は「季節的なもの」の可能性も考えられます。春・夏・秋・冬の中で1番抜け毛が多いのは秋です。夏に紫外線を浴びて髪は傷んでいます。海水などに入るとカラーの色が落ちて明るくなってしまったという方もいるでしょう。頭皮は汗や太陽で「かゆみ」を引き起こしやすくなっています。その状態で空気が乾燥しやすい「秋」に突入します。髪自体もパサパサになりやすく、頭皮が乾燥すると抜け毛が増えるというわけです。

シャンプーやコンディショナーの流し方が明らかに甘い人も多いと美容師さんはおっしゃっていました。洗い流せた!と思ってから約2分程度追加してながすくらいでちょうど良いです。

★正しいシャンプーのやり方★

↑Laseeqでは「正しいシャンプーのやり方」の記事も書いていますので、是非一度見直ししてみてくださいね!

間違えたヘアケア・・・。これは主に2つ。
1つは髪の毛が濡れたままで寝てしまう。この行為は致命的に髪や地肌を痛める行為です。シャンプーで頭皮をきれいにして、コンディショナーで保湿する。水に濡れた髪はキューティクルが開きっぱなしです。枕での摩擦で髪自体も痛みますし、頭皮も雑菌が湧きやすくなりフケやかゆみの原因。しっかりと乾燥させることが大切です。

2つめは、髪の毛の洗いすぎです。頭皮の皮脂を洗い流しすぎると、体はその不足した皮脂を補おうと多くの皮脂を分泌します。乾燥もしやすくなります。頭皮を清潔にしようと努力すればするほど、においがひどくなったり、抜け毛が増えたりするのです。

とのことでした。

実録。こうして私は薄毛の対策をしました8選

女性が髪の毛に異常を感じた時、一般的にはどのような対策をとっているものなのでしょうか?
独自アンケートの結果を一部抜粋して記載させていただきます。生の声を御覧ください。

①35歳の時に出産しました。3か月後ぐらいから髪が抜け始め、さらに3ヵ月経った頃にはごっそり抜けることが多くなりました。生えてはくるのですが、抜け毛の量に追いつかない状態でした。

産後のホルモンバランスの関係上、仕方のないことだとは思っていましたが、やはり、ごっそり抜けるのはショックでした。そこで予防法をインターネットで調べたところ、女性ホルモンに似ている大豆や豆腐をよく食べると良いと書いてありました。産後は思うように食事を摂れていなかったので、娘の離乳食のこともあると思い、栄養バランスを考えた食事を作るようになりました。豆は大量に煮ておけばいいし、豆腐はそのままでも食べられるので忙しい時でも口に入れるようにしました。あとは家事をうまく手を抜くことで睡眠時間を確保しました。抜け毛はしばらく持続していましたが、健康的な生活を送ることで新しく生えてくる毛の質が良くなったように思いました。(37歳)

40歳頃の話です。いつもは髪の毛を束ねているのですが、その日は友達と会うので、髪の毛をセットしていた時、昔のような髪質ではなく、薄くなった感じがしました。

白髪もあり、よく白髪染めをしていましたが、そういうものは、刺激が強いと言われ、ヘナで染めるようにしました。ヘナはトリートメント効果もあり、ハリのある髪になります。あとキューティクルも戻ってきました。ボリュームも出てきました。頭皮マッサージが良いと聞き、髪の毛を洗う前に、椿オイルでマッサージしました。教えてくれた方は、80歳の女性の方で、椿オイルがいいと教えてくれたのです。もちろんその方は、白髪ですが、ふんわりしたツヤのある髪でした。効果はありました。ちょっと若返った感じがします。(44歳)

③27歳頃、シャンプーをすると、抜け毛が多くて排水溝がすぐに詰まってしまい、気が付きました。

ネットで抜け毛の原因について調べたり、美容師さんに相談しました。私の場合は、頭皮の皮脂分泌が盛んなことやストレスが原因のようでした。そこで、まずは頭皮の汚れやストレスをリセットするために美容室でヘッドスパを受けました。ヘッドスパは毛穴の汚れを落とすだけでなく、頭皮を柔らかくしてくれるのでリラックス効果もありました。それに加え自宅でも週に1回程度、炭酸入りの泡でヘッドスパを行いました。3ヶ月ほどすると、抜け毛はほとんど目立たなくなりました。(30歳)

④四十路になり、髪のコシがなくなってきたと感じました。

髪のコシは悩むほどでもなかったのですが、ネットでいろいろ見てたときに目に付いたのが「湯シャン」です。タモリさんや福山雅治さんが実践してるそうです。タモリさんは身体を洗うのも石鹸を使わないそうです。湯シャンはその名の通りシャンプーを使わずにお湯で洗うことによって、余計な皮脂は落とさない。湯シャンを続けることによって、髪本来のツヤやハリが戻ってくるとか。ただ、シャンプーから湯シャンに切り替えたはじめのうちは髪の匂いが気になりました。続けてるうちに匂いもなくなってきた気がします。効果がすぐ現れるわけでもないようですが、今は抜け毛が減り、髪もふさふさになった感じはします。(49歳)

⑤学生時代なんですがパーマやカラーのしすぎのせいか抜け毛がひどくなり髪もパサパサになりました。風呂上りに自分を鏡で見たとき髪が貧相になってるのに気づきました。

抜け毛を抑えるのには、どうしたらいいか調べました。調べた結果、育毛スプレーで頭皮をマッサージして刺激すると血行がよくなって頭皮に栄養がいきやすく、それが抜け毛防止につながるという事でした。しばらくは頑張りました。そしたら抜け毛は収まって少なくなりました。髪がパサパサして腰のない感じもトリートメントをしっかりとすることで改善されました。髪質が、もともと猫毛なのである程度は仕方ないのかなと思っています。(40歳)

⑥35歳のとき、抜け毛がひどく、家族に指摘されました。私が使った後の洗面所には、何本もの髪の毛が落ちていたり、私が作った料理の中に髪の毛が入ってしまう回数が増え、抜け毛の多さに気づきました。

抜け毛がひどい当時、私は子供二人を抱え、忙しく、あまりきちんとした食事をせずに過ごしていました。

きちんとした食事をしなかったというのは、栄養に偏りのある食事をしていたということです。子供がいるので、食事はバランスよく作っていましたが、子供たちが大きくなり食事の量が増えると、ハンバーグなどの子供の好物のおかずを子供可愛さに、自分の分を全てあげてしまったりしていました。

タンパク質の栄養が絶対的に足りなかったのだと思います。

調べてみると、髪は、ほとんどタンパク質でできており、タンパク質が不足した時、最初にダメージを受けるのが髪だということが分かりました。また、タンパク質を摂取した際に、その栄養を髪に運んでくれるのが亜鉛やビタミンであることを知り、タンパク質が豊富なおかずをメインに、シジミ汁などの亜鉛が豊富に入って入る貝類を意識して食事に取り入れるようにしました。もちろん、子供たちにあげることなく、自分の分の食事はしっかりと自分で食べるようにしました。

また、主人が抜け毛予防のシャンプーを使っていたので、私も同じものを愛用するようになりました。髪の毛を洗うときは、毛根の汚れがしっかりと取れるように、洗った後は、充分にお湯で髪をすすぎました。

結果、抜け毛はピタリと止まりました。薄毛になる前に、早めに気づけて良かったです。(36歳)

⑦25歳の時、仕事のストレスで生理が止まった頃です。お風呂場の排水溝が抜け毛で埋まりました。ドライヤーをかけると、洗面台に抜け毛がいっぱい落ちました。また、髪をセットしてもすぐにぺしゃんこになり、困るようになりました。

抜け毛がなぜ増えたのか、ネット検索をしました。すると、生理が止まったことと抜け毛の増加の関係性を知りました。女性ホルモンのエストロゲンは髪の健康に重要で、分泌されなくなると抜け毛が増えたり、髪質が弱くなってハリやコシがなくなるそうです。

生理不順で婦人科を受診し、ホルモン剤を処方するようになると、生理が回復すると同時に抜け毛は減っていきました。(33歳)

⑧24歳、お化粧をしていたら違和感を感じて。

私はまず、自分の肌のトラブルについて皮膚科で相談をしてみるというのをはじめてみました。プロの専門家の意見が一番だと思ったからです。その時にお医者様から皮膚のトラブルに適している薬を処方してもらって、それでも効果が現れないって思ったら、薬局とかで皮膚の状態を改善できる薬を購入して、肌を痛めたりしないように食べ物や普段着ている洋服もお肌にダメージを与えない肌に優しい素材の洋服を選ぶっていう風に気を付けて試しました。(33歳)

美容師さんに教えてもらった秘策は〇〇だった!!!

shutterstock_96865471

そんな中、私が美容師さんに教えていただいた秘策。それは「シャンプーを変える!」
詳しくは、市販のシャンプーを辞めて、どこのものでもいいからサロンのものに変えてみてという提案でした。

最近は「ノンシリコン」や「オーガニック」と書かれた市販のシャンプーが多いので、安心しきって購入される方も多いようですが中の成分は案外・・・なものが多いです。

「いや、そうかな~?よくわかんないけど。」と言われます。そうなんです。コンディショナーに入っている保湿成分がどれも優秀なので気づかない方が多いんです。

シャンプーのみにしてその髪の変化をみたら効果はわかります。良いシャンプーはシャンプーだけでも髪がからみにくかったり、パサパサになりにくいです。ただ、前に使ってたシャンプーの香料などは約1週間ほど頭皮に残っているので、しっかりと様子を見たいならそれくらい試してみてください。

多くの方が、髪を綺麗にする=髪を保湿する=良いトリートメントを買えば良いという概念を持っているので、地肌を健やかに保つという基本の「シャンプー」の見直しをする方が少ないです。

もちろん、抜け毛や薄毛に困っている方にはシャンプー・トリートメントの両方を買い換えることをオススメはしますが、金銭的な問題もあると思いますのでまずは、どこでもいいのでサロンのシャンプーに変えてみてください!

そう力説されました。

確かに・・・。その概念はありませんでした。当たり前のことを見落としていたことにショックを受けました。
後日、ヘアサロンでシャンプーのみを購入し、皮脂を落としすぎないシャンプーのやり方を実践し、髪が芯まで乾くように心がけました。

明らかに・・・・変わりました。ふんわり感があって、本当にホッとしました。

女性のための育毛剤なら【ベルタ育毛剤】

↑↑それでも変わらない時はコレがオススメ!

【まとめ】

今回は「ヘアケア」の観点から、抜け毛や薄毛について紹介しました。シャンプーを変えるというものだけでなく、アンケートの中にも秘策がたくさん詰まっていましたね。はやめに、美容師さんや皮膚科に相談するのも近道かもしれません。

原因は誰しも共通しているわけではないですが、1人でも多くの方の悩みが解決することを願って、まとめさせていただきました!
ご一緒に、正しいシャンプーのやり方の記事も貼っておくので御覧ください。

頭皮ケアってどうしてる??臭いの原因を取り除く方法

 

 

 

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

laseeqの注目記事を受け取ろう

shutterstock_305191832

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

laseeqの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • shutterstock_369387296

    【警告】エマルジョンリムーバーの効果で毛穴・角栓は綺麗にならない!?

  • 34705684fba307cd253fd657ed8

    エマルジョンリムーバー使ってみた!口コミ・レビュー効果は?

  • 1

    吹きかけるだけで毛穴汚れと角栓を溶かして落とす●●が凄い…

  • shutterstock_284144522

    マグネシウムオイルの効果と作り方。むくみ・不安感・便秘・肩こりまで!?

  • shutterstock_388715098

    ●●歳過ぎると歯が抜けていく!?必見!正しいハミガキのやり方。

  • shutterstock_103763447

    湯シャンのやり方。~効果がない人の間違えやすいポイントは?~