1. TOP
  2. 胸キュン!疲れた時に彼氏にしてもらったら嬉しい7つのこと妄想編。

胸キュン!疲れた時に彼氏にしてもらったら嬉しい7つのこと妄想編。

 2016/10/07 メンタル 恋愛 美容法
この記事は約 9 分で読めます。
shutterstock_412527109

最近疲れていませんか?

嫌なことがあったとき、体力的にキツいとき、自分に自信を失くしたとき。
そんなときくらい、甘やかされて癒されたいですよね。

前回のエア彼氏に続き、今回の「Laseeq」では、疲れた時に彼氏にしてもらったら嬉しい7つのことを妄想短編小説形式で紹介します(^^)
今日1日のあなたの疲れがちょっぴりでも軽くなりますように!

①気分が落ち着かない時は甘いモノ。

職場の同寮に嫌なことを言われた。
言い返せばよかったのに、あまりに理不尽過ぎて言葉も出なかった。

夕方になった今も、思い出してイライラしている。あー。こんなことも流せない自分が嫌いだ。

そんな私に気がついて、彼は冷蔵庫を開けた。
こういうときは甘いものを食べれば少しは気が晴れると知っているからだ。

しかし、冷蔵庫にはろくなものが残っていない。

「コンビニ行こっか」

ゆるい部屋着のポケットに財布を突っ込んで、彼が言った。

shutterstock_32227537-1
まだ機嫌の悪い私は無言で彼に手を引かれて歩く。
自転車なのに手を繋いでゆっくりと道を行く私たちは、なんだか滑稽だ。

コンビニに着くと、まっすぐにアイスの棚に連れて行かれた。

「ほら。好きなやつ、2つともあるよ」

私の好物を熟知している彼が、「よかったね」と笑う。
つられて私も少し笑った。

悩みに悩んで1つ選ぶと、彼がそれを持ってレジに向かった。

「ありがとう」

もう私はさっきまでの嫌なことなんてすっかり忘れてチョコアイスのことしか考えていない。単純な頭だ。
最新号の「Sweet」を読みながら待っていると、レジ袋を提げた彼が「帰ろう~」と呼ぶ。

やたらと膨らんだ袋の中を覗くと、さっき私が迷っていたもう1つのアイスも買ってくれていた。

目が合うと彼は「はんぶんこだからね」って優しく笑った。

shutterstock_403864477

②ネガティブな私は誰にも見られたくない。

今日は、小さなミスを連発した。どれも気をつければ防げたことだったのに。情けない。
せっかく彼と過ごしていても、そのことが頭をよぎって涙が出そうになる。

「何かあった?」

話したらただの愚痴になる。グダグダ言いながら泣く姿なんて見られたくない。

「何もないよ」

「そっか…ごめん。俺、今日は帰るわ~」

彼が自分の家へと向かって去っていった。こんな落ち込んだ女と一緒にいても楽しくないよね・・・。
しばらくしてから携帯に着信。

彼だった。

「もしもし?どうしたの?」

「電話なら・・・話せるでしょう?」

私の強がりなんて、彼にはお見通しだった。
うん、うんと低い声で相槌だけ打ちながら、長い私の愚痴に電話越しに付き合ってくれた。

彼の優しさに、気持ちがふわって軽くなった。

shutterstock_240624754

③朝起きるとおいしい香り。

繁忙期がやっと終わった。身体がくたくたに疲れている。彼が家まで来てくれて、一緒に缶ビールで乾杯した。

「俺が料理できればツマミでも晩御飯でも、何でも作ってあげるんだけどな~」

「お風呂入っている間に作っておいてくれたら最高だね~(^^)」そんな話をしていたのだけれど、いつの間にか私は眠ってしまったらしい。

ふと目が覚めると真夜中で、1人ベッドの中にいた。
彼が運んでくれたんだ。しっかり布団も掛けてくれている。

明日の朝早いといっていたから、彼はこっそり帰ったようだ。
ちょっと寂しいな・・・ごめんね・・・と思いつつ、まぶたは再びくっついて私は夢の中へ。

shutterstock_450807424

翌朝、いつもの目覚ましアラームで起きると、キッチンからいい香りが。

見ると、ホームベーカリーがセットされていた!
朝の眩しい太陽と、パンが焼ける香りが部屋中に満ちている。

あと5分で焼きあがる。

朝からふっかふかで、温かいパンが食べられるなんて!彼に感謝!

「よーーーーし!今日も頑張るぞ!!!」

冷たい水で顔を洗うと、少し遠くで焼き上がりのピピピッという音が聞こえた。

shutterstock_89825875

④くっつき虫に癒やされる。

「はっ・・・はくしゅん!」

天気が崩れて気圧が下がっているせいか、それとも風邪の引き始めか、なんとなく寒気がする。
念のため、毛布を羽織った。

「寒いの?」

と彼が心配してくれる。

「大丈夫だよ」

と答えてバラエティ番組を見ていたら、後ろからすっぽりと抱きすくめられた。
背中がじ~んわりとあたたかい。テレビのMCの笑い声が心地よい。

振り返れば、ニコっと笑ってさらに抱きしめられる。

ただ、顔が見えないのがつまらないらしく、2分に1回くらい

「こっち向いて」

shutterstock_306290114

と言ってムダに頬やおでこにキスされる。彼のおかげでだんだん体もあたたまってきたみたい。

「明日の用意したいから、一回離して?」と腕をほどこうとしたら・・・
そのまま「せーの」でくっついたまま立ち上がらされた。

仕方がないので、背中に彼をくっつけたまま移動。

バッグに明日必要な資料などを詰める。
その間も、ずっと人間毛布にぴったり包まれたままだった。

正直動きにくい。でもくっついていられるのは悪くない。
今日くらいはこのままでも・・・いいかな。

⑤毎晩スマホで夜更かししちゃいます。

毎晩の夜更かしと、ガールズDAYがかぶってしまって軽く頭痛がする。
鎮痛剤をこっそり飲んでいると彼に見つかってしまった。

「今日は早く寝なー」

お父さんのような小言を言われて寝室に追いやられる。
まだ寝たくないので、手元のスマホで友人のFacebookや芸能ニュースを読んでいたら、これまた彼に見つかってしまった。

「こら。携帯あかん。目を休めないと頭痛もひど~なるし!」
スマホを取り上げられて電源を切られてしまった。

「充電器にさしとくよ?俺帰るけどちゃんと寝らなあかんよ」

「はーい」

ヨシヨシ( ,,´・ω・)ノ”(´っω・`。)と撫でられて、私は布団にくるまった。
彼が玄関からそっと出ていく音を確認すると、私は目を閉じた。

実際、一人になるとすぐに眠気はやってきた。
薬が効いてきたのかもしれない。そのまま落ちるようにぐっすりと眠れた。

朝、携帯の電源をつけてみると怒涛の通知!

メッセージ9件とは何ごとか?事件!?開いてみると、すべて彼からだった。

『見た?電源切りなさいw』

私がまた携帯見ながらだらだらと夜更かししないように、メッセージをくれていたんだ。

『良い子は早く寝ましょう★』

おかげさまで、よく眠れたよ。そう思いながら続きを見る。

『あれ?本当に寝てるん?』

『本当に?』

『おーい』

『つんつん(*´・w・)σ)・w・*)』

『ちょっと寂しいんだけど』

『うそや~~~ん!!ゞ(゚ε゚ヽ)ブッ』

『寝るわ。おやすみ~』

自分で電源切ったくせに、仕方ないなあ。

そろそろ彼の起きる時間だ。さみしがりやさんを電話で起こしてあげようかな。

shutterstock_270938675

⑤昔の友達に紹介してもらうの巻!!

「仕事終わったらあいてる?今日友達と飲み行くんだけど、来ない?」「う、うん。」

彼が、はじめて彼の友達との飲み会に私を呼んでくれた。

「はじめまして・・・。」
そこには仲が良さそうな男女が6.7人ほどいた。

彼の昔の様子を知ることができたのも新しい発見だ。
私といる時よりも男の子っぽいというか、なんか格好つけている感じなのがちょっと笑ってしまう。

二人の時はリラックスして甘えきてくれてるんだなーって内心ニヤニヤしてしまった。

彼の友達が私に質問しているのに、私が答える前に全部自分で答えようとするところも、可愛い!
この人のことは何でも知っていますよ、みたいなドヤ顔が・・・たまらない。

ところで、彼の友達がやたらと「聞いていた通り、仲がいいね」とか「本当にこいつ彼女のこと大好きだよね」と話しかけてくる。
みんないい人ばかりで、楽しい飲み会になったけど・・・

気になったので帰りに彼に聞いてみた。
「普段、友達に私のこと話すの?」

「そんなつもりないんだけど、すぐ惚気るって言われるんだよね・・・ははは・・・」

彼の友達は、ずっと私たちのことを冷やかすような目で見ていたのか、とちょっと恥ずかしい。
でも見守られているようで幸せでもある。

今度はみんなでバーベキューでもしよう、と誘ってくれたけど、それを知って二人で並んでみんなの前に立つのは、ちょっとくすぐったいなぁ~

shutterstock_383405605

⑦腕枕されたり抱き枕になったり

さて今日はもう寝ますか、という時。
だいたい準備の早い彼が先に寝室に行く。

そして、片腕を横に伸ばして、「腕枕しますよ」と全身で訴えながら待っている。

彼の腕は枕にすると少し太いので、うまく私の頭が乗らない。
一応ご要望通り腕枕をしてもらって、ぴったりとくっついて目を閉じてみたけれど、眠れない。

背中をとんとんされたり頭を撫でられたりして、包まれている感じが安心なんだけれど、やっぱり枕が合わない。

shutterstock_380032108

「寝づらいし、腕いたくなっちゃいし、しなくていいよ?」とやんわりお断りする。

すると、

「じゃあ、腕枕交代」

と私の腕を引っ張られた。でも腕をつぶすことを気にして、やっぱりなかなかいいポジションが見つからない。
しばらく彼はもぞもぞとちょうどいい寝方を探していたが、どうやら伸ばした腕の脇の下にすっぽりと嵌まる格好がお気に召したらしい。

「それ、腕枕じゃないと思う」

「じゃあ抱き枕になって」

そう言うと、体に顔をくっつけて、腕と足とでがっちりと絡みつかれた。
ちょうど彼のつむじが目の前にあるので、そこに頬をくっつけて、うなじの髪を弄んでいると、だんだん眠くなってきた。

胸のあたりでは、もう彼がすうすう・・・と寝息を立てていた。

 

 

 

【まとめ】

まとめもなにも、全部妄想ですけどね(笑)
書いていて恥ずかしくなりましたが、見ている方もちょっとニヤってしてくれていたらうれしいな~と思っています。
ベタな7選ですがどこか共感できるものがあればシェア歓迎です(^^)

妄想系記事は実はもう1つあります。エア彼氏の作り方です。下に貼っておきます!

 

 

妄想恋愛はキレイの秘訣!最強のエア彼氏の作り方

\ SNSでシェアしよう! /

laseeqの注目記事を受け取ろう

shutterstock_412527109

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

laseeqの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • shutterstock_463645373

    体が目的じゃないの?男性が不倫する深層心理に迫る。妻の対応方法。

  • shutterstock_284144522

    マグネシウムオイルの効果と作り方。むくみ・不安感・便秘・肩こりまで!?

  • 00_pp57_pp_tp_v

    「#別れましたありがとう」とtwitterで検索した結果・・・(若者の恋愛事情)

  • shutterstock_439431271

    不倫をしてしまう深層心理。未婚女性と既婚女性でどう違うの?

  • shutterstock_369387296

    【警告】エマルジョンリムーバーの効果で毛穴・角栓は綺麗にならない!?

  • shutterstock_136921388

    「妻に不倫がバレないテクニック」VS「旦那の不倫を見破るテクニック」